日本の南シナ海関与を評価/ベトナム国家主席が会見

2018/05/25 16:47

 

 インタビューに答えるベトナムのチャン・ダイ・クアン国家主席=25日、ハノイ(共同)

 インタビューに答えるベトナムのチャン・ダイ・クアン国家主席=25日、ハノイ(共同)

 【ハノイ共同】29日から日本を公式訪問するベトナムのチャン・ダイ・クアン国家主席(61)は25日、首都ハノイで日本メディアのインタビューに応じた。ベトナムが中国と領有権を争う南シナ海問題について「解決に向けた視点を日本と共有し、協力している」と述べ、日本のこれまでの関与を評価する考えを示した。

 中国による南シナ海の軍事拠点化が進む中、日本は巡視船の供与などベトナムに対する海洋安全保障面の協力を強化してきた。クアン氏は日本とベトナムが南シナ海問題への対応で「平和、安定、航行の自由の重要性」を強調し「国際法に基づく平和的な問題解決」を目指してきたと指摘した。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459