女性初のCIA長官誕生へ/米上院が人事承認

2018/05/18 05:33

 

 ジーナ・ハスペル米CIA長官代行(ゲッティ=共同)

 ジーナ・ハスペル米CIA長官代行(ゲッティ=共同)

 【ワシントン共同】米上院本会議は17日、中央情報局(CIA)長官にジーナ・ハスペル同局長官代行を充てる人事を、賛成多数で承認した。1947年設立のCIAで、初の女性長官が誕生する。

 ポンペオ前長官の国務長官就任に伴い、トランプ大統領がハスペル氏を指名していた。ハスペル氏は85年に入局し、秘密工作に長く携わるなど豊富な経験が評価された。

 一方で、テロ容疑者への「水責め」など過酷な尋問が行われていたタイの施設で責任者を務めた経歴があり、人事承認には慎重論が出ていた。過酷尋問は、2001年の米中枢同時テロ後にCIAが実施し、拷問だとの批判を浴びた。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459