米の干渉停止要求の意思/南北宣言でチョムスキー氏

2018/05/13 09:59

 

 12日、ニューヨークで講演する米言語学者ノーム・チョムスキー氏(共同)

 12日、ニューヨークで講演する米言語学者ノーム・チョムスキー氏(共同)

 【ニューヨーク共同】世界的に著名な米言語学者ノーム・チョムスキー氏が12日、ニューヨークで講演し、南北首脳会談で韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が署名した「板門店宣言」について、朝鮮半島問題でトランプ米政権に干渉されたくないとの意思が読み取れるとの見方を示した。

 チョムスキー氏は同宣言が「南と北は、わが民族の運命はわれわれ自ら決定する」と明記した点に着目し「(トランプ大統領が)手を引いて、南北で平和と非核化と軍縮を進めさせてほしいという趣旨だ」と解説した。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459