国連防災代表、5月に被災地訪問/水鳥真美氏、仙台などへ

2018/05/02 05:30

 

 【ジュネーブ共同】国連国際防災戦略(UNISDR)駐日事務所は1日、3月に国連事務総長特別代表(防災担当)に就任した水鳥真美氏が今月中旬に仙台市と宮城県石巻市を訪れ、東日本大震災の被災者らと交流する予定だと明らかにした。水鳥氏が特別代表として被災地を訪れるのは初めて。

 同事務所によると、水鳥氏は16〜22日の日程で訪日。19日に仙台市長と面会するほか、津波被害に遭って閉校した仙台市立荒浜小学校の跡地を訪問。さらに仙台と石巻で被災した女性や子ども、障害者らと対話する予定。東京では17日、記者会見を行う。

 水鳥氏は日本人女性として初めて同特別代表に就任した。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459