イスラム国壊滅へ最終作戦開始/シリアで米主導の有志連合

2018/05/02 05:10

 

 【ワシントン共同】米政府は1日、米軍主導の有志連合や米軍の支援を受けるクルド人主体の民兵組織がシリアで過激派組織「イスラム国」(IS)を掃討する最終段階の作戦を開始したと明らかにした。

 米国務省は声明で「ISがシリアの地域や人々を恐怖で支配した日々は終わる」と強調。クルド人勢力を敵視するトルコのほか、イスラエル、ヨルダンなどと国境管理で協力するとしている。

 有志連合によると、シリア民主軍(SDF)がシリア東部のイラク国境付近で作戦を開始。シリアのアサド政権の国営通信は1日、有志連合が東部の村で民家を空爆し、民間人ら25人が死亡したと報じた。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459