コップ「人いない方向に投げた」/大韓航空前専務が供述

2018/05/02 00:56

 

 【ソウル共同】韓国の大韓航空の前専務、趙顕ミン氏(34)が会議で声を荒らげ、水の入ったコップを投げるなどしたとされ、暴行などの疑いが持たれている問題で、趙氏が1日、警察の事情聴取に「人のいない方向に投げた」と供述したことが捜査関係者の話で分かった。聯合ニュースが報じた。

 暴行容疑の認否は明らかでないが、ガラスのコップのような危険物を人に向かって投げたとすれば、暴行容疑より重い特殊暴行容疑が適用される可能性があり、趙氏には同容疑の適用を避ける狙いがあるとみられる。

 警察は会議参加者に事情を聴くなど慎重に調べている。趙氏への事情聴取には弁護士が立ち会った。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459