スカボロー礁で中国船退去/南シナ海棚上げ合意後

2016/10/28 20:51

 

 南シナ海・スカボロー礁周辺で、中国海警局の要員に妨害されるフィリピン漁船=2015年9月23日撮影(AP=共同)

 南シナ海・スカボロー礁周辺で、中国海警局の要員に妨害されるフィリピン漁船=2015年9月23日撮影(AP=共同)

 【マニラ共同】フィリピンのロレンザーナ国防相は28日、記者団に対し、南シナ海の同国排他的経済水域(EEZ)内で2012年から中国が実効支配してきたスカボロー礁(中国名・黄岩島)周辺海域で3日前から、中国海警局などの艦船が姿を消していることを明らかにした。

 両国は20日、5年ぶりの首脳会談で南シナ海の領有権問題を棚上げすることで合意。中国政府は艦船の退去を発表していないが、合意に基づく動きの可能性がある。

 ロレンザーナ氏は「中国船が立ち去ったということは、フィリピン人が漁を再開できるということだ」と歓迎した。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459