米大統領選後の暴力、5割が懸念/米紙調査、不穏さ反映

2016/10/28 17:18

 

 【ワシントン共同】27日付の米全国紙USAトゥデーは最新の世論調査で、11月8日実施の大統領選後に結果への不満から市民が暴力に走る可能性を懸念する有権者が51%に上ったと報じた。共和党有権者の4割が、民主党クリントン候補が勝利しても正当な結果として認めない考えを示した。

 支持率で劣勢の共和党トランプ候補は、偏向したメディアが選挙を操作しているとして「いかさまだ」との主張を強めている。調査は、不穏な空気を反映して国民の多くが選挙後の混乱を危ぶんでいる実態を示した。

 調査は20〜24日、千人を対象に同紙がサフォーク大と合同実施した。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459