米駆逐艦にまたミサイル攻撃/イエメン沖

2016/10/16 11:59

 

 【ワシントン共同】ロイター通信によると、イエメン沖の公海で15日、米海軍駆逐艦「メイソン」に向けて数発の地対地ミサイルが発射された。メイソンは防御措置を取ったため、被害はなかった。米国防総省当局者が明らかにした。メイソンは9、12日にもミサイル攻撃を受けていた。

 ミサイルは、イランが後ろ盾になっているイスラム教シーア派系武装組織「フーシ派」の支配地域から発射された。

 国防総省は12日、報復措置としてフーシ派支配地域に設置されたレーダー施設3カ所を空爆したと発表している。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459