北朝鮮、子ども数万人に支援必要/北東部襲った洪水でとユニセフ

2016/10/08 00:14

 

 【ジュネーブ共同】国連児童基金(ユニセフ)と非政府組織(NGO)セーブ・ザ・チルドレンは7日、共同声明を発表し、北朝鮮北東部を襲った洪水で被災した数万人の子どもへの緊急支援を国際社会に求めた。

 声明は洪水で約7万人が家を失い、約60万人に食料などの支援が求められていると指摘。冬の到来前に緊急援助のための資金拠出を要請すると強調した。

 ユニセフの北朝鮮事務所の代表は「数千人の子どもが苦しんでおり、冬までに支援が届かなければ第2の災害となりかねない。水、食料、医薬品、住まい全てが必要だ」としている。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459