クリントン氏逃げ切るか/大統領選、挽回目指すトランプ氏

2016/10/06 18:12

 

 5日、首都ワシントンでの選挙イベントで話すクリントン氏(ロイター=共同)

 5日、首都ワシントンでの選挙イベントで話すクリントン氏(ロイター=共同)

 11月8日の米大統領選投開票まで約1カ月。ホワイトハウスの主の座を懸けた戦いは接戦のまま最終盤に突入した。女性初の大統領を目指す民主党クリントン候補と、公職経験ゼロの「異端児」、共和党トランプ候補。初の直接対決となった討論会で安定感を示したクリントン氏は支持率で優位に立ち逃げ切りを図るが、差は思うように広がっていない。女性蔑視発言や税逃れ報道の逆風が吹くトランプ氏は、残り2回の討論会で挽回を目指す。

 支持率はクリントン氏48・1%、トランプ氏44・2%。9月の第1回討論会後にクリントン氏がじわりリードを広げた。(ワシントン共同)

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459