義足の元米兵がエベレスト挑戦/アフガンで負傷

2015/04/17 22:36

 

 16日、ネパール・カトマンズで登山パートナー(右)とともにインタビューを受ける元米海兵隊員チャーリー・リンビルさん(AP=共同)

 16日、ネパール・カトマンズで登山パートナー(右)とともにインタビューを受ける元米海兵隊員チャーリー・リンビルさん(AP=共同)

 【ニューデリー共同】アフガニスタンで作戦に従事中に負傷、右足を失った元米海兵隊員の男性が、5月、義足で世界最高峰エベレスト(8848メートル)の登頂に挑戦する。男性は17日、ネパールの首都カトマンズでAP通信と会見し「不可能なことはない」と障害を抱える人々らに励ましのエールを送った。同通信が伝えた。

 男性はアイダホ州出身のチャーリー・リンビルさん(29)。支援団体によると、2011年、アフガニスタンで爆発装置の調査中に爆発で重傷を負い、右足の膝から下や手の指の一部を切断した。

 リンビルさんは退役後、金属製の義足でエベレストを目指しトレーニングを重ねた。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459