キューバ市民、オバマ氏評価8割/カストロ議長は5割弱

2015/04/09 10:51

 

 【パナマ市共同】米紙ワシントン・ポスト電子版は8日、キューバ市民を対象に米調査機関が実施した世論調査の結果を掲載し、キューバのカストロ国家評議会議長を「評価する」との回答が47%だったのに対し、オバマ米大統領への評価は80%に達したと伝えた。

 米キューバの国交正常化交渉が進む中、キューバ市民の間ではオバマ氏の人気がカストロ氏を圧倒した形。前議長のフィデル・カストロ氏の評価はさらに低く、44%にとどまった。

 調査結果について、同紙は「キューバの政治体制への不満を示す」と分析。オバマ氏に対しては、低迷するキューバ経済に好影響をもたらす人物として期待を寄せた。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459