米、新型貫通弾を実験/1月実施、最大と報道

2015/04/04 08:45

 

 【ワシントン共同】米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版は3日、複数の米高官の話として、米国防総省が1月中旬に新型の特殊貫通弾(バンカーバスター)の投下実験を行ったと報じた。これまでで最大の特殊貫通弾で、防御を固めたイランの地下核施設を破壊する能力があるとしている。

 オバマ政権はイラン核問題の外交解決を目指しているが、協議が破綻した場合の軍事行動の可能性を排除していないことを示す狙いがある。

 ミズーリ州の空軍基地から飛び立ったB2爆撃機が、米国内で新型貫通弾を投下した。具体的な場所は不明。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459