サイバー攻撃への制裁を強化/オバマ氏が新大統領令

2015/04/02 00:52

 

 ホワイトハウスで話すオバマ米大統領=3月31日(AP=共同)

 ホワイトハウスで話すオバマ米大統領=3月31日(AP=共同)

 【ワシントン共同】オバマ米大統領は1日、米国の重要なインフラやコンピューターシステムがサイバー攻撃による深刻な被害を受けた場合、大統領が国家の「非常事態」を宣言し、米国外の個人や組織に制裁を科せる新たな大統領令に署名した。ホワイトハウスが同日発表した。

 米政権は北朝鮮や中国、ロシアなどを発信元とするサイバー攻撃への警戒を強めている。オバマ氏は1日の声明で「サイバーの脅威は、米国の経済や安全保障にとって最も深刻な挑戦だ」と述べ、対応を急ぐ意義を強調した。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459