ハイチ、カーニバル感電死相次ぐ/ブラジルでも、計23人

2015/02/18 05:19

 

 17日、ハイチ・ポルトープランスで、搬送される負傷者を見守る人々(ロイター=共同)

 17日、ハイチ・ポルトープランスで、搬送される負傷者を見守る人々(ロイター=共同)

 【リオデジャネイロ共同】カリブ海の島国ハイチと、南米ブラジルで17日、カーニバルの山車が高圧電線と接触して死者が出る事故が相次ぎ、AP通信などによると、少なくとも計23人が死亡した。

 ハイチの首都ポルトープランスでは17日、音楽グループのメンバーらが乗った山車が高圧電線と接触し、少なくとも20人が感電するなどして死亡、40人以上が負傷した。乗っていた人が電線の下をくぐろうと棒状のもので電線に触れ、感電したとの目撃情報もある。

 ブラジル・リオデジャネイロ近郊ノバイグアスでも17日、山車が電線と接触し、3人が感電死した。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459