米下院、通話履歴収集を容認/僅差でNSA抑止法案否決

2013/07/25 10:22

 

 【ワシントン共同】米下院本会議は24日、不特定多数の市民の通話履歴を収集する国家安全保障局(NSA)の活動に歯止めをかける法案を反対多数で否決した。NSAの活動に対してはプライバシー侵害との批判もあるが、議会として容認する形となった。

 ただ採決は反対217、賛成205の僅差で、NSAの活動に疑念を持つ議員が少なくないことも示した。

 法案は当該人物が捜査の対象でない限り、通話履歴を得られないようにするなど、NSAの権限を大幅に制限する内容。共和党保守派で政府の関与を嫌う自由至上主義者系議員と、民主党リベラル派議員が異例の共闘を組み、法案を提出していた。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459