中国珠海市、ネット規制を緩和へ/初の「ネット特区」設置か

2013/07/23 21:56

 

 【香港共同】23日付の中国系香港紙、文匯報によると、中国広東省珠海市の横琴新区は22日、同区を「ネット開放特区」としてインターネット規制を緩和、交流サイト「フェイスブック」や短文投稿サイト「ツイッター」などへのアクセスを解禁する構想を明らかにした。現在、中央政府の同意を得るため準備を進めているという。

 実現すれば、海外の交流サイトへのアクセスが制限されている中国本土でネット規制が常時緩和される初の地区となり、中国政府が敷く厳しい言論統制に“風穴”をあける構想としても注目されそうだ。

 ただ、同紙は「イデオロギーの問題に関わるため障害は少なくない」と指摘。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459