さいたまツールで市長が会見/名前に恥じない大会を

2013/07/11 10:41

 

 10日、ツール・ド・フランス第11ステージの表彰式で総合首位のクリストファー・フルーム選手と握手する清水勇人さいたま市長(左)=フランス西部モンサンミシェル(共同)

 10日、ツール・ド・フランス第11ステージの表彰式で総合首位のクリストファー・フルーム選手と握手する清水勇人さいたま市長(左)=フランス西部モンサンミシェル(共同)

 【モンサンミシェル共同】世界最高峰の自転車ロードレース、ツール・ド・フランスの名を冠した自転車競技大会を10月26日に開催するさいたま市の清水勇人市長(51)は10日、開催中のツール・ド・フランス第11ステージのゴール、同国西部モンサンミシェルで記者会見し「名前に恥じない素晴らしい大会にしたい」と語った。

 大会名は「さいたまクリテリウムbyツールドフランス」。埼玉県が全国トップレベルの自転車保有台数を誇ることから「環境と健康にいい自転車競技の普及のためシンボルとなる大会を」(清水市長)と誘致を実現した。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459