南京―杭州で新高速鉄道開通/250キロを1時間10分

2013/07/01 18:29

 

 杭州市に向け、南京南駅を出発する中国の新たな高速鉄道の車両=1日(共同)

 杭州市に向け、南京南駅を出発する中国の新たな高速鉄道の車両=1日(共同)

 【上海共同】新華社電によると、中国東部の大都市、江蘇省南京市と浙江省杭州市間の約250キロを最短1時間10分で結ぶ新たな高速鉄道が1日、営業運転を始めた。中国最大の経済都市、上海を中心とする長江デルタ(河口域)都市圏の一体化が進みそうだ。

 これまでは高速鉄道で遠回りして上海を経由する必要があり、ほぼ倍の時間がかかっていた。杭州と浙江省寧波市を結ぶ路線(約150キロ)も同時に開通。従来は在来線に高速鉄道車両を走らせていたが、半分程度の最短53分となった。

 南京、杭州、寧波はいずれも中国有数の経済地帯である長江デルタの都市で、日系企業も多数進出している。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459