エベレストで邦人男性死亡/登山中に体調崩す

2013/05/31 13:26

 

 【カトマンズ共同】世界最高峰エベレスト(8848メートル)で21日、登山中の日本人男性が体調を崩し、死亡していたことが分かった。ネパールの日本大使館が31日、明らかにした。大使館は男性の身元を公表していない。

 大使館によると、男性は中国のチベット側からエベレスト登頂を目指していた。登山中に体調が悪くなり、標高8600メートル付近で死亡したと、同行していたシェルパがネパールの登山ガイド会社に連絡したという。

 男性の遺体はキャンプに収容されているが、標高が高いため、遺族が移送するかどうかを検討している。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459