政府がロシアに「遺憾」申し入れ/北方領土資料押収で

2013/05/22 16:42

 

 【ウラジオストク共同】ロシア極東サハリン州の州都ユジノサハリンスクの空港で今年1月、日本人男性が北方領土を日本領と示した資料2冊を税関に押収されたことについて、日本政府は22日までにロシア外務省に「極めて遺憾」と口頭で申し入れ、再発防止を求めた。

 サハリン税関は押収理由について「政治宣伝の資料はロシアの政治的利益を害し、持ち込みが禁止されている」と発表していた。

 日本政府は、ロシア側に「男性は政治宣伝目的で所持していたのではない」と主張した。押収されたのは北方領土問題に関する「啓発資料」だったとしている。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459