独裁者の有罪判決「無効」/グアテマラ憲法裁判所

2013/05/21 20:58

 

 【ロサンゼルス共同】中米グアテマラの憲法裁判所は20日、1980年代の内戦中に軍事独裁政権を率いたリオス・モント元将軍(86)を禁錮80年とした10日の判決に関し、担当判事の訴訟指揮に問題があったとして、裁判をやり直すよう命じた。元将軍は判決で、当時、多数の先住民らを殺害したとされていた。

 ロイター通信によると、弁護側はこれまでの裁判で、担当判事の1人が「偏向している」などと主張して異議の申し立てを連発。憲法裁は、こうした異議の扱いに不当な点があり無効と判断した。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459