香港、性転換者の結婚認める判決/最高裁が初判断

2013/05/13 23:12

 

 【香港共同】手術により男性から女性となった性転換者が、香港政府が男性との結婚を認めないのは不当だと訴えていた訴訟で、香港の最高裁は13日、性転換者の結婚を認める原告逆転勝訴の判決を言い渡した。香港メディアが伝えた。

 AP通信などによると、性転換後の異性との結婚は、中国本土や日本などで認められているが、香港では初の判断となった。

 原告は30代で、2008年までに手術を受けた。だが、香港政府は、出生時の記録が男性であることなどを理由に、男性との結婚を認めなかった。

 最高裁は、性転換者の結婚する権利を否定することは香港基本法(憲法)違反だと判断。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459