中印両軍が撤収開始/カシミール、衝突回避

2013/05/06 16:36

 

 【ニューデリー共同】インドと中国が領有権を争うカシミール地方のインド側に中国の人民解放軍が侵入したとされる問題で、両国が軍を4月15日以前の配置に戻すことで合意。両軍が撤収を開始し、軍事的衝突が回避された。6日付のインド大手紙ヒンドゥスタン・タイムズ紙が報じた。

 同紙によると、4月15日に50人規模の中国軍がカシミール地方のインド側に約10キロ入った地点で野営地を設営して以降、両軍のにらみ合いが続いていたが、5日夜に中国軍が撤収を開始。軍部隊をすぐ近くまで派遣していたインドも撤収を始めた。

 他の地元メディアなどによると、6日までに撤収を完了するという。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459