韓国、開城団地の電気供給制限/完全停止は避ける

2013/05/06 12:43

 

 【ソウル共同】韓国統一省の報道官は6日の記者会見で、操業停止中の北朝鮮との経済協力事業、開城工業団地に供給している電気の量を最小限に減らしたことを明らかにした。団地の工場稼働が停止し、需要が減少したことに伴う措置。

 韓国政府は電気や工業用水の供給を完全に止める措置は当面取らない方針。団地の周辺住民もこの電気や水を利用しているとされ、供給を続けることで操業再開の糸口を探る狙いとみられる。

 報道官は、北朝鮮が団地の正常化の条件として米韓の合同軍事訓練などの中止を求めたことについて「全く理解できない不当な主張だ」と批判した。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459