ナチスに虐殺のロマ追悼碑が完成/ドイツ首都、50万人犠牲に

2012/10/25 09:41

 

 24日、ベルリンで完成の式典が行われた少数民族ロマの犠牲者を追悼する碑(AP=共同)

 24日、ベルリンで完成の式典が行われた少数民族ロマの犠牲者を追悼する碑(AP=共同)

 【ベルリン共同】ナチス・ドイツにより虐殺された少数民族ロマを追悼する碑がベルリンに完成し、メルケル首相やガウク大統領、生存者らが参列して24日、式典が開催。

 ロマはナチスの絶滅政策の対象となり、50万人が犠牲になったとされる。碑は、ベルリン中心部のドイツ連邦議会南側に建てられた。近くにあるユダヤ人大虐殺追悼碑は2005年に完成している。

 両親ときょうだい3人がアウシュビッツ強制収容所に送られたツォニ・ワイツさん(75)は「愛する人々に思いをはせる場所を手に入れることができた」とあいさつ。一方、ロマへの差別は今も続いていると訴えた。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459