バチカン大聖堂屋根で男が抗議/イタリア改革に反対

2012/10/04 09:20

 

 3日、バチカンのサンピエトロ大聖堂の円屋根で抗議の横断幕を掲げる男(AP=共同)

 3日、バチカンのサンピエトロ大聖堂の円屋根で抗議の横断幕を掲げる男(AP=共同)

 【ローマ共同】カトリックの総本山バチカンのサンピエトロ大聖堂の円屋根に男が上り、イタリアのモンティ首相が推進する財政構造改革に反対する横断幕を24時間以上にわたり掲げる騒ぎがあった。イタリアのメディアによると、男は3日夜、説得に応じて屋根から下り、警察に保護された。

 男は北東部トリエステの海の家のオーナーで、モンティ政権が規制改革の一環として、海の家の免許の自由化を打ち出したことに抗議。2日夕に高さ約130メートルの大聖堂の展望台の柵を乗り越え、円屋根に乗り移り「助けてくれ! モンティはたくさんだ」などと書かれた横断幕を掲げた。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459