米大統領選、期日前投票が本格化/有権者の4割との見方も

2012/10/03 09:19

 

 2日、米オハイオ州シンシナティで、期日前投票のための投票用紙を求めて並ぶ有権者ら(AP=共同)

 2日、米オハイオ州シンシナティで、期日前投票のための投票用紙を求めて並ぶ有権者ら(AP=共同)

 【ワシントン共同】11月6日の米大統領選に先駆け、期日前投票が本格化し始めた。4年前の前回選挙では約3割の有権者が期日前に投票したとされ、今回は4割に達するとの見方が強い。特に激戦州はその割合が高く、選挙結果を左右するとみられている。

 中西部オハイオ州では2日に始まった。「期日前投票が始まりました。今日からよ!」。3日の大統領候補討論会を控えた夫に代わり、同州シンシナティで直ちに投票をと呼び掛けたのはミシェル・オバマ大統領夫人だ。

 米メディアによると、前回は西部コロラドで8割近く、南部フロリダでも5割を超える有権者が期日前に投票しており、重みが増す一方だ。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459