天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

米大統領納税書の非開示正当/司法省、民主党反発必至

2019/06/15 10:02

 【ワシントン共同】米司法省は14日、トランプ大統領の納税申告書の議会開示を拒否したムニューシン財務長官の判断は正当だとする見解を発表した。申告書の公開を拒否しているトランプ氏寄りの見解で、開示を求めてきた民主党の反発は必至だ。

 司法省は「連邦法は納税の秘密性を保護している」として、議会の開示要求は拒否されるべきだと指摘。ニール下院歳入委員長(民主党)が開示を求めてムニューシン氏らに召喚状を出したのは「前例のない権限行使で、権力乱用の深刻なリスクがある」と批判した。

 歴代大統領は納税申告書を自主的に公開するのが慣例だったが、トランプ氏は開示を拒否している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.