天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

パリ、多数の文化財が焼失免れる/聖遺物「いばらの冠」など

2019/04/16 21:47

 パリのノートルダム寺院での式典で展示されたいばらの冠=2014年3月(ロイター=共同)
 パリのノートルダム寺院での式典で展示されたいばらの冠=2014年3月(ロイター=共同)

 【パリ共同】パリ・ノートルダム寺院の火災では、寺院関係者や消防隊が的確な判断で、寺院内の貴重な文化財を多数運び出し焼失を防いだ。寺院が建造中だった13世紀から伝わる宝物やカトリック信者の崇拝の対象となる聖遺物などを収蔵。多くの文化財が無事との知らせは、悲しみに沈むフランスの人々にとって心の救いとなりそうだ。

 同寺院のショーベ司祭はフランスメディアに対し、キリストが十字架にかけられた際にかぶっていたとされる聖遺物「いばらの冠」や、13世紀の王、ルイ9世が着ていたとされる服は無事だったと述べた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.