天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

自身の精子で無断体外受精/オランダ医師、49人出生

2019/04/14 20:29

 【ブリュッセル共同】オランダ南部ロッテルダム郊外に2009年まであった不妊治療施設の医師=17年に89歳で死去=が、治療を受けた女性に無断で自身の精子を使って体外受精し、少なくとも49人の子が生まれていたことが分かった。施設を通じて生まれた子とその親で組織する団体が明らかにした。欧州メディアが14日までに伝えた。

 医師は生前、自分の子を約60人つくったと認めたことがあるという。医師の精子は他の複数の施設にも送られていたといい、子の数はさらに多い可能性がある。子の多くは1980年代に誕生。医師は女性らに匿名の提供者の精子を使ったと説明していた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.