天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

鴻海が台湾・高雄市を支援/スマート農業で覚書

2019/03/17 21:22

 覚書を交わす鴻海精密工業の郭台銘会長(左)と高雄市の韓国瑜市長=17日、高雄市内(共同)
 覚書を交わす鴻海精密工業の郭台銘会長(左)と高雄市の韓国瑜市長=17日、高雄市内(共同)

 【高雄共同】シャープの親会社である台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の郭台銘会長は17日、高雄市内で韓国瑜市長と共同記者会見し、人工知能(AI)を活用した「スマート農業」を推進するなど、同市の農水産業を支援する内容の覚書に調印したと明らかにした。

 台湾の野党、国民党所属の韓市長は、与党民主進歩党(民進党)の牙城だった高雄市で昨年11月、統一地方選で農水産物輸出の拡大や雇用創出を訴えて当選。郭会長は覚書調印などで韓市長を支援する姿勢を示した。

 中国内の鴻海の従業員や家族向けの農水産物を、高雄市周辺から購入する内容も覚書に盛られた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.