天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

2事故に「共通原因」か/ボーイング機運航停止

2019/03/15 00:36

 【ワシントン共同】米連邦航空局(FAA)は13日、ボーイング737MAX8と737MAX9の運航一時停止を命じる文書で、エチオピアで起きた事故と昨年10月にインドネシアで起きた事故に「類似点」があり「共通の原因がある可能性をさらに調査する必要がある」と指摘した。

 命令書によると、二つの事故を起こしたのはいずれもMAX8。インドネシアでは離陸から約13分後、エチオピアでは離陸から約6分後に墜落。「残骸から得られた離陸直後の機体の状態に関する新たな情報と、衛星データで追った航路」から二つの事故の類似点が浮かび上がったという。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.