天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

台湾で新内閣発足、政権浮揚課題/行政院長に蘇貞昌氏、大半が留任

2019/01/14 16:59

 台湾の行政院長交代式典で、頼清徳氏(左)から印章を受け取る蘇貞昌氏(右)=14日、台北市内の行政院(共同)
 台湾の行政院長交代式典で、頼清徳氏(左)から印章を受け取る蘇貞昌氏(右)=14日、台北市内の行政院(共同)

 【台北共同】台湾で蔡英文総統が新たな行政院長(首相)に任命した蘇貞昌氏(71)は14日、新内閣を発足させた。昨年11月の統一地方選での与党、民主進歩党(民進党)の大敗を受けて頼清徳院長は引責辞任。来年の総統選まで1年余りしかなく、新内閣は政権浮揚へ向けた「選挙内閣」となりそうだ。

 新内閣は外交部長(外相)、国防部長(国防相)など大半が留任した一方、台中市長選で落選した林佳竜前市長や、高雄市長選で落選した陳其邁元立法委員が交通部長(交通相)や副院長(副首相)として入閣。蘇氏も新北市長選で落選したことから野党からは「落選者内閣」とのやゆも聞かれる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.