天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

音声記録装置発見、インドネシア/昨年10月の旅客機墜落で

2019/01/14 13:48

 【ジャカルタ共同】189人が搭乗していたインドネシアの格安航空会社(LCC)ライオンエアの旅客機墜落事故で、ルフット調整相(海事)は14日、現場海域付近で捜索が続けられていたボイスレコーダー(音声記録装置)が発見されたと明らかにした。

 フライトレコーダー(飛行記録装置)は既に回収されて解析が続けられているが、操縦室内の音声を録音したボイスレコーダーが見つかったことで、事故原因解明へ進展が期待される。

 事故機は最新鋭機ボーイング737MAX8で、昨年10月29日早朝、ジャカルタを離陸してから13分後にジャカルタ北東の西ジャワ州カラワン県の沖合に墜落した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.