天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

税法上の居住地、オランダに移す/ゴーン前会長、税軽減が目的か

2019/01/10 19:25

 【パリ共同】10日付のフランス紙リベラシオンは、日産自動車前会長カルロス・ゴーン容疑者が2012年に税法上の居住地を、フランスからオランダに移したと報じた。フランスでは同年、富裕層の税負担を引き上げたオランド前政権が発足。同紙は、オランダはフランスより税負担の低い国で、税軽減が目的だったとの見方を示唆した。

 マクロン大統領と連携する中道政党「民主運動」のバイル前法相は10日、公共ラジオ、フランス・アンフォのインタビューで「破廉恥だ」と批判した。

 オランダには日産と三菱自動車、フランス自動車大手ルノーの3社連合の統括会社がある。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.