天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

国連・自由権規約委員に古谷氏/早大大学院教授、任期4年

2018/06/15 10:35

 【ニューヨーク共同】国連の自由権規約委員会の委員9人を選ぶ選挙が14日、ニューヨークの国連本部であり、早稲田大大学院の古谷修一教授(国際法、国際機構論)らが当選した。任期は来年1月から4年間。

 古谷氏は神奈川県小田原市出身。中央大法学部や早稲田大大学院で学び、オランダのユトレヒト大客員教授などの経験がある。

 自由権規約委員会は、人権関連の最も基本的で包括的な条約であり、日本を含む約170カ国が加盟する「自由権規約」の順守状況を監視する。個人の資格で18人の委員が参加し、2年ごとに半数が改選される。

 現在は東大大学院の岩沢雄司教授が同委員会の委員長。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.