天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

エボラ出血熱が感染拡大の恐れ/コンゴ、WHOが警鐘

2018/05/18 22:06

 コンゴ(旧ザイール)・キンシャサ
 コンゴ(旧ザイール)・キンシャサ

 【カンパラ共同】アフリカ中部コンゴ(旧ザイール)北西部の赤道州で流行しているエボラ出血熱について、世界保健機関(WHO)は18日、人口100万人前後の州都ムバンダカでも1人が感染し、感染拡大のリスクが非常に高まったと発表した。ロイター通信が報じた。

 州都で多くの住民が感染者に接触した可能性がある。一方、国際社会へのリスクは現時点では低いという。

 コンゴ保健省によると、赤道州一帯では4月以降、14人が感染し、感染疑い例は31人に上る。計45人のうち死者は20人を超えた。WHOは感染拡大阻止のため、開発中のワクチンをコンゴに発送した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.