天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

大韓航空に課徴金3億円/14年「ナッツ事件」で

2018/05/18 21:09

 【ソウル共同】韓国国土交通省は18日、大韓航空の副社長だった趙顕娥氏が2014年12月、自社機内で乗務員のナッツの出し方に激怒し離陸を遅らせた事件に関し、同社に27億9千万ウォン(約2億9千万円)の課徴金を命じたと発表した。趙氏個人は過怠金150万ウォンとした。

 また大韓航空を中核とする韓進グループの趙亮鎬会長と、長男趙源泰・同社社長が、グループ会社の格安航空会社(LCC)ジンエアーの内部文書を権限なしに決裁していたことが分かったとして、公正取引委員会に通報したと明らかにした。

 グループを巡っては最近、趙会長の妻や次女のパワハラ疑惑が相次ぎ浮上している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.