天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細
 
 

英戦略研、中国の兵器近代化懸念/軍事報告書2018年版

2018/02/14 19:47

 【ロンドン共同】英国の有力シンクタンク、国際戦略研究所(IISS、ロンドン)は14日、世界の軍事情勢に関する報告書「ミリタリー・バランス」の2018年版を発表した。北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射とともに、中国の顕著な兵器近代化を「拡大する懸念」と位置付けた。

 報告書は、中国による次世代ステルス戦闘機「殲20」の前線部隊への配備により、米国は実戦用のステルス戦闘機を独占的に保有してきた立場を失うことになると指摘。中国の新型空対空ミサイル「PL―15」も今年中にも配備される可能性があると予測した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.