天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細
 
 

日本のサンバチームが初参加/ブラジル・リオの街頭カーニバル

2018/02/14 15:32

 ブラジル・リオデジャネイロの広場で演奏する日本のサンバチームのメンバーと宮沢摩周さん(右端)=11日(共同)
 ブラジル・リオデジャネイロの広場で演奏する日本のサンバチームのメンバーと宮沢摩周さん(右端)=11日(共同)

 【リオデジャネイロ共同】今年のブラジル・リオデジャネイロの真夏の風物詩カーニバルで、ブロッコと呼ばれる街頭パフォーマンスに初めて日本のサンバチームが参加し、地元ファンから盛んな拍手と声援を浴びた。

 2012年に東京で結成した「ケール・スウィンガール・ベン・プラ・カ」(ポルトガル語で「スイングしたければこっちへおいで」の意)で、日本から来た18人と地元メンバーの計約40人が11日、リオの広場で約3時間にわたり演奏した。

 リオの著名な作曲家・打楽器奏者メストレ・トランビケ氏に師事した宮沢摩周さん(47)=東京都台東区=が代表を務める。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.