天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

米政権、FBIと説明矛盾/ホワイトハウス秘書官DV疑惑

2018/02/14 08:45

 【ワシントン共同】米ホワイトハウス秘書官がドメスティックバイオレンス(DV)の疑いを報じられて辞任した問題で、連邦捜査局(FBI)のレイ長官は13日、秘書官の経歴調査の結果を昨年3月から政権側に報告し始め、今年1月に完了したと議会証言した。トランプ政権がDV疑惑を知りながら雇用を続け、事実と異なる説明をしていた可能性が強まった。

 政権はDV疑惑が2月6日に報道された後、経歴調査は続いており、ポーター秘書官は疑惑を否定しているとして、秘書官として仕事を続けたことに問題はないと説明していた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.