天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

シリア首都近郊、180人超死亡/塩素ガス弾も

2018/01/14 20:17

 【イスタンブール共同】シリア人権監視団(英国)は14日、内戦が続くシリアの首都ダマスカス近郊の反体制派地域、東グータ地区へのアサド政権軍の攻撃で昨年12月29日以降、52人の子どもを含む市民184人が死亡したと発表した。化学兵器の塩素ガス弾による攻撃で6人が治療を受けたとの情報もある。

 内戦は、アサド政権がロシアやイランの支援を受けて勝勢。政権軍は最近、反体制派が今も拠点とする東グータ地区や、北西部イドリブ県への攻勢を強めている。

 国連のゼイド人権高等弁務官は10日、市民の犠牲が急増しているとの非難声明を発表、「戦争犯罪」の恐れを警告した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.