天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細
 
 

特許出願、中国が6年連続首位/2位は米国、日本は3位

2017/12/06 21:48

 【ジュネーブ共同】世界知的所有権機関(WIPO)が6日発表した2016年の世界の知的所有権統計で、特許出願の受け付け国・地域当局別件数は中国が前年比21・5%増の134万件となり、6年連続の首位となった。2位は米国で2・7%増の61万件、日本は0・1%減の32万件で3位。韓国が2・3%減の21万件で続いた。

 世界全体の特許出願件数は8・3%増の313万件となり、過去最高を更新した。WIPOは「ここ10年間にわたる知的所有権の需要の高まりを示している」と指摘し、大幅増が続く中国が全体の伸びをけん引しているとした。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.