天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細
 
 

国家的虐殺、認定せず/ボスニア紛争で国際司法裁

2007/02/26 22:11

 【ブリュッセル26日共同】イスラム教徒ら多数が殺害された旧ユーゴスラビアのボスニア・ヘルツェゴビナ紛争(1992−95年)で、オランダ・ハーグの国際司法裁判所は26日、「国家的なジェノサイド(民族大量虐殺)とは認定できない」とする判決を下した。旧ユーゴから独立したボスニア側が「国家的ジェノサイド」の認定と損害賠償などを求めて訴えていた。

 一方、同裁判所は紛争中の95年に東部スレブレニツァでイスラム教徒ら約8000人が殺害された事件については「セルビア民兵組織によるジェノサイド」と認定。「旧ユーゴ政府が防止措置を取らなかった」と非難した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.