天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

アサンジ被告を新たに起訴、米/表現の自由で議論必至

2019/05/24 07:49

 ジュリアン・アサンジ被告(ロイター=共同)
 ジュリアン・アサンジ被告(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】米司法省は23日、内部告発サイト「ウィキリークス」創設者ジュリアン・アサンジ被告が米政府からイラクやアフガニスタンの紛争などに関する機密文書を不正入手し、暴露したなどとする罪で連邦大陪審が新たに起訴したと発表した。入手情報の公開が罪状に含まれ、表現の自由を保障した合衆国憲法修正第1条の議論を呼ぶのは必至だ。

 トランプ政権は今回の起訴で機密情報の入手や公開に厳しい姿勢を示した形だ。トランプ大統領は政権に不都合な情報を伝えるメディアを日常的に攻撃しており今後、メディアへの圧力強化も懸念される。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.