天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

フランス強豪クラブ会長贈賄容疑/ドーハの世界陸上招致巡り

2019/05/23 21:42

 【パリ共同】フランス司法当局は23日までに、カタール・ドーハの世界陸上選手権招致を巡り、サッカーのフランス1部リーグの強豪クラブ、パリ・サンジェルマン(SG)のナセル・ケライフィ会長(カタール)を贈賄容疑者とする正式捜査の開始を決定した。フランスのメディアが伝えた。

 収賄容疑が持たれているのはラミン・ディアク前国際陸連会長(セネガル)と息子のパパマッサタ氏。パパマッサタ氏は、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長が贈賄の疑いで正式捜査の対象となった2020年東京五輪招致疑惑でも、招致委が支払った金銭の一部を受け取った疑いを持たれている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.