天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

韓国で配達員争奪戦、店は悲鳴/厚遇提示で代行業者確保

2019/04/19 18:31

 オートバイで移動する配達員ら=11日、ソウル(共同)
 オートバイで移動する配達員ら=11日、ソウル(共同)

 【ソウル共同】宅配文化が普及する韓国で、バイクで料理の出前などをする労働者の「争奪戦」が起きている。韓国メディアによると、配達員が直接雇用の飲食店から、より待遇の良い配達代行業者に移るケースが相次いでおり、厚遇を提示しなければ人手を確保できないと飲食店主らから悲鳴も上がる。

 配達代行業は、店から依頼を受けて料理などを宅配するサービスを提供。依頼した店は1件当たり3500〜4千ウォン(約340〜390円)ほどの手数料を支払う仕組みだ。代行業の関係者によると、手数料の90%が配達員の取り分となり、月600万〜700万ウォンを稼ぐ配達員もいる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.