天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

韓国、二審は記録の開示認めず/慰安婦合意交渉文書

2019/04/18 12:02

 【ソウル共同】韓国の弁護士が韓国外相を相手取り、2015年末の従軍慰安婦問題を巡る日韓合意の交渉記録のうち、強制連行に関する協議内容を含む文書の公開を求めた訴訟で、ソウル高裁は18日、開示を認めた一審判決を取り消し、原告の逆転敗訴とする判決を言い渡した。

 原告側は、合意に至る過程で日本側が強制連行を認めていたかどうかを確認するため訴訟を起こしていた。判決後、原告側は上告する方針を表明。最高裁で原告が勝訴し最終的に文書が公開される事態となれば、日本側の反発が予想され、日韓関係にさらなる悪影響を与える恐れもある。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.